かいてぃーの格闘技ブログ

格闘技(キックボクシング・総合格闘技等)について発信していきます!初心者の方にも分かりやすいように執筆しておりますので、お気軽に遊びに来てください!

RISE WORLD SERIES 2019 の注目カード6選!田丸辰vs鈴木真彦の王者対決実現?武尊を倒した選手が参戦!出場選手まとめてみた

皆さんこんばんは!かいてぃー(@ual06)です(*‘ω‘ *)

今日もブログ更新の時間がやってきました!

 

ブログを始めて3日目ですが、なんと今日初アクセスを貰うことができました!

アクセス数なんと................6!!

なんだ、そんなもんか.......と思われる方も多いと思いますが、温かい目でお見守り下さい(笑)

 

昨日の【ロッタンvsセクサン】は白熱の試合展開でしたね!

どんどん話が逸れてしまうので軽くだけ触れていきたいと思いますが、ロッタン選手の攻撃力が際立っていました。

あれだけの攻撃を受けて平然としてるロッタン選手、凄い打たれ強さですね。

 

前置きが長くなりましたが、そろそろ本題に入っていきたいと思います!

 

【今回のもくじ】

RISE WORLD SERIES 2019 注目カード6選

今回のRISEは本当に面白いカードが多いです!

全12試合となるのですが、第1試合から全く目が離せませんね!

ちなみに第1試合は、那須川天心選手の妹の那須川梨々選手の試合になります。

 

それでは早速、注目カードを抜粋して紹介していきたいと思います。

 

第10試合:【鈴木真彦vs田丸辰】

今回は-58㎏&-61㎏世界トーナメント決勝ということで、メイン・セミの試合はトーナメントの決勝となっていますが、個人的に今回一番楽しみな試合がこの試合になります。

 

というのも田丸辰選手が現RISE 53kg級王者であり、鈴木真彦選手が現RISE 55㎏王者である為、同団体の王者対決となるわけです。熱いですね。

ちなみに契約体重は両者の階級の間をとって、54㎏となっています。

 

注目するポイントは同団体の王者対決という点だけではありません。

なんとこの2人、今までの戦績がお互い絶好調なんです。順に見ていきましょう。

 

55㎏級王者 鈴木真彦&53㎏王者 田丸辰の戦績は??

まずは戦績を数字で見ていきたいと思います。

  鈴木真彦 田丸辰
試合数 26 10
勝利数 23 10
KO勝利 14 2
敗北数 3 0
引き分け数 0 0
勝率 88% 100%
KO率 61% 20%

 

まず2人とも、勝率がものすごく高いです。

田丸辰選手の勝率100%はもちろん驚きですが、鈴木真彦選手の88%という数字もびっくりですね。。。

 

鈴木選手に至っては55㎏級の中ではかなり高いKO率を誇っており、毎回会場を沸かせていますね!

しかし、驚くのはまだまだ早いです。

 

なんと鈴木選手、2015年にBLADE-55㎏トーナメント一回戦で那須川天心選手に敗北して以来、4年間無敗16連勝という驚異の結果を残しています。

 

同じ道場の強豪、山口兄弟からも「アイツが一番ヤバい」と実力を認められるほど....

実際の試合を見ていてもその実力が伝わってきます。

 

続いて現在まで勝率100%のRISE 53㎏級王者 田丸選手ですが、なんと鈴木選手の因縁の相手、那須川天心選手の後輩のようです。

 

以前とあるインタビューで那須川選手がこんなコメントを残していました。

「僕が辰(田丸選手)に教えたら勝つ確率は上がると思いますが、辰は僕とやりたいと言っているので教えないです」

この発言から読み取るに、田丸選手は天心選手と試合をしたがっているみたいですね。

 

鈴木選手も那須川選手との再戦を強く望んでいる為、この試合の勝者が那須川選手に一歩近づくのは間違いないですね!

 

個人的には、55㎏級王者 鈴木真彦選手の勝利と予想します。

 

 

第9試合:【チャンヒョンリーvs原口健飛】

 

 続いて第9試合、チャンヒョンリーvs原口健飛の紹介です!

先ほどの王者対決に続き、チャンヒョンリー選手は現 RISE 61㎏級(スーパーフェザー級)の王者となっています。豪華な顔ぶれですね!

 

先ほどに続いて、まず戦績を見てみましょう。

 

  チャンヒョン 原口健飛
試合数 37 13
勝利数 26 11
KO勝利 13 7
敗北数 10 1
引き分け数 1 1
勝率 70% 85%
KO率 50% 64%

はい!このようになります。(参照:RISE公式サイト)

数字でみると原口選手が有利なように見えますが、キャリアではチャンヒョン選手が3倍近いですね。

 

チャンヒョン選手は過去に森井洋介選手、RISE3階級王者 祐樹選手からなども勝利を挙げていることから、キャリアという面ではチャンヒョン選手の一歩リードと思われます。

 

また、コリアンデビルという異名の元である強烈なパンチも大きな武器ですね。

 

対する原口選手ですが、「関西の天才児」と呼ばれ、プロデビュー後まもなく日本最高峰の格闘技団体「RIZEN」に出場する程、注目を浴びています。

 

RIZINでは過去に現K-1 3階級制覇王者の武尊選手とも激闘を演じた大雅選手と試合をし、引き分けという結果に終わっています。

 

大雅選手が今大会、世界トーナメント1回戦で見せた実力から考えても、原口選手は現時点で既にかなり高いレベルの実力をもっていますね!

 

チャンヒョン選手の強烈なパンチに対し、ボクシング出身の原口選手がどう対応するのか見ものですね。

 

最近の試合を見ている限り、原口選手が負けるというのはあまり考えられませんが、個人的な予想ではキャリアで大幅に勝るチャンヒョン選手がうまく立ち回り、判定勝ちと予想します。

 

 

第7試合:【森本”狂犬”義久vsタリソン・ゴメス・フェレイラ】

 

続いて注目の第7試合です。

冒頭では注目カード6選!とカッコつけて謳ってみたものの、本当に全カード注目の試合で選びきれませんね。。。。

 

第7試合は【森本”狂犬”義久vsタリソン・ゴメス・フェレイラ】となっています。

 

まずはいつものパターン。戦績を見いきます。

  森本義久 タリソン
試合数 25 16
勝利数 16 14
KO勝利 10 6
敗北数 8 2
引き分け数 1 0
勝率 64% 88%
KO率 63% 43%

 

数字にしてみてみると、タリソン選手の勝率が際立っていますね!

タリソン選手は攻撃力の高い選手というイメージがありますが、43%というKO率を見てみるとあまり一概にはいえないのかな....?しかし少ないキャリアながら驚きの戦績を持っているので、これについては後述します。

 

森本選手は昨年11月、篠塚辰樹選手との試合前に左腕を骨折しRISE129を欠場しましたが、半年後の2019年5月に篠塚選手と再起戦を行い、見事判定で勝利しています

 

2019年7月にはONEにも参戦を果たし、結果は良くなかったものの波に乗っている選手ですね。

 

対するタリソン・ゴメス・フェレイラ選手ですが、なんと2019年3月 RISE WORLD SERIES 2019に参戦し、過去に那須川天心選手を苦しめたスアキム選手と対戦経験があります。

 

結果としてはスアキム選手に逆転負けしてしまったタリソン選手ですが、なんとスアキム選手から2度のダウンを奪っています!

 

天心選手ですら最初の対戦ではダウンを奪えなかったわけなので、高い実力を持っていることは間違いありません。

 

他に注目すべき戦績は、2019年4月に参戦したRIZINでの試合結果が反響を呼んでいました。

 

なんと元K-1世界王者・大雅選手に2R KO勝利を飾っています!

 

スアキム選手から2度のダウン大雅選手からKO勝利........と、冒頭に数字で比較した際はあまり印象にありませんでしたが、やはり間違いない攻撃力を持っています。

 

森本選手も激闘派なので、ダウンの応酬になる可能性が高いですね!

自分は試合会場に見に行くことはできませんが、実際に見に行く人が羨ましいです。。

 

個人的にはとても迷うところですが、タリソン選手の攻撃力を評価し、勝利予想はタリソン選手です。

 

 

第3試合:【金子梓vs京谷祐希】

 

 はい、続いて第3試合について詳しく見ていきたいと思います。

しかし、この試合がなぜ注目カードなの?京谷祐希選手とは?など、たくさんの疑問があると思います。

筆者がこの試合を注目カードに選んだ理由は一言で十分です。それは....

過去に京谷選手が、K-1王者 武尊選手を破っているから

です!!

格闘技ファンなら知っている!という人も多いかもしれませんが、調子に乗ってめちゃめちゃ強調してしまいました。。。。

 

ちなみにこちらも知っている人は多いかもしれませんが、この敗戦が武尊選手にとってにして唯一の黒星となります。

 

試合内容ですが、1Rに京谷選手がダウンを奪い、その後の追撃で武尊選手の鼻が骨折、1R終了時にレフェリーストップという試合展開でした。

見ていて際立ったのは、武尊選手とまともに打ち合って圧倒する攻撃力ですね。

試合を見る前は偶然のような勝利かと思っていましたが、そんなことはなく武尊選手を圧倒していました。

 

そのほかにも京谷選手の驚きの実績として、今やK-1の顔となった皇治選手、那須川選手との対戦で話題になった浜本”キャット”雄大選手K-1で活躍中の玖村修平選手に勝利しているなど、怪我で長期休場するまではとても有名な選手を次々と倒しています。

 

怪我がなければ早いうちにK-1王座を獲得していたかもしれない逸材ですね。。。。

 

そんな京谷選手の戦績を踏まえて、両選手の勝率などを比較してみましょう。

 

  金子 梓 京谷 祐希
試合数 12 20
勝利数 9 13
KO勝利 1 9
敗北数 3 6
引き分け数 0 1
勝率 75% 65%
KO率 11% 69%

 

数字で見てみると京谷選手、あまり目立った点はないように感じます。軽量級にしては

なかなかのKO率を誇りますが、怪我に悩まされた点もあってか大台にはのれていないという印象です。

京谷選手の戦績はRISE公式サイトを参考にさせて頂きました。

武尊戦直後に怪我をしたという噂でしたが、思ったより試合数こなしてますね。

 

対する金子選手ですがプロデビュー後8連勝、RISEスーパーフライ級タイトルマッチで前述した田丸辰選手に敗北するまで無敗を誇っていました。

最近は田丸選手に敗北後も2連敗、その後のチェ・ソクヒ選手には延長での判定勝ち。

最近はあまり調子が良いとは言い難いですが、今回京谷選手を倒しプロデビュー後の勢いを取り戻せるか。。。

 

筆者の勝利予想は武尊・皇治を倒した期待感から、京谷祐希選手のKO勝ちです。

 

セミファイナル:【白鳥大珠vs梅野源治】

続いての注目カードはセミファイナル、RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメントの決勝戦です。

 

前回の記事で詳しく書かせて頂いたのでここでは軽く触れていきたいと思いますが、筆者は白鳥大珠選手の勝利を予想します。

理由はプロデビュー後無敗の勢いと、セクサン戦での圧倒的な実力に限ります!

 

詳しいことは前回記事を書いたので、下記にリンクをはっておきますね!

 

 

kairox.hatenablog.com

 

 

ファイナル:【那須川天心vs志朗】

最後の注目カードはファイナル、こちらも上記に続きRISE WORLD SERIES 2019-58㎏トーナメントの決勝になります。

 

こちらも前回の記事で詳しく触れてしまったので軽く触れる程度ですが、筆者の勝利予想は那須川天心選手になります。

今までの戦績を見れば納得ですね。

志朗選手も「日本人最後の最強の敵」と言われるほどの実力はありますが、まだ少し力不足か、といった感じですね。。。

 

詳しいことは昨日の記事で触れていますので、下記のリンクからご覧ください♪

 

kairox.hatenablog.com

 

(白鳥大珠vs梅野源治の欄で貼り付けた記事と同じになります。機械音痴なもので、貼り付けが後日になってしまい申し訳ございません。。。)

手抜きじゃないですよ!。。。。。

 

 

 

まとめ

遅くなってしまいましたが、今回のRISE WORLD SERIES 2019 FINAL の参加選手は以下になります。

 

【第1試合】アトム級(-46㎏)

那須川 梨々vs上仮屋 真莉

 

【第2試合】アトム級(-46㎏)

百花vs平岡 琴

 

【第3試合】-56㎏契約

金子 梓vs京谷 祐希

 

【第4試合】-64㎏契約

直樹vs松本 芳道

 

【第5試合】-64㎏契約

秀樹vs稲石 竜弥

 

【第6試合】-67.5㎏契約

ブラックパンサーベイノアvsタップロン・ハーデスワークアウト

 

【第7試合】-58㎏契約

森本”狂犬”義久vsタリソン・ゴメス・フェレイラ

 

【第8試合】-59㎏契約

スアキム・PKセンチャイジムvsニキータ・サプン

 

【第9試合】-61.5㎏契約

チャンヒョン・リーvs原口健飛

 

【第10試合】-54㎏契約

鈴木真彦vs田丸辰

 

【セミファイナル】RISE WORLD SERIES 2019 -61kgトーナメント決勝戦

白鳥大珠vs梅野源治

 

【ファイナル】RISE WORLD SERIES 2019 -58kgトーナメント決勝戦

那須川天心vs志朗

 

注目カードと勝利予想選手は赤字で記載していますので、まとめだけご覧になられた方は参考にしてください!

 

今回の記事では過去に武尊選手を1R KOした京谷裕希選手について、木真彦vs田丸辰RISE現役王者対決について深く取り上げて執筆してみました!

 

みなさん、ご指摘・ご意見等ありましたらどんどんコメント頂けると嬉しい限りです。

 

いよいよ開催まで3日に迫ったRISE WORLD SERIES 2019 FINALですが、今から試合が楽しみで仕方ありません!

 

皆さんで盛り上がっていきましょう!

 

ではまた!