かいてぃーの格闘技ブログ

格闘技(キックボクシング・総合格闘技等)について発信していきます!初心者の方にも分かりやすいように執筆しておりますので、お気軽に遊びに来てください!

【RISE】原口健飛の戦績について徹底紹介!RIZIN参戦で大雅との対戦経験あり??これまでの経歴についてまとめてみた!

f:id:kairox:20191106192530p:plain

みなさんこんばんは!かいてぃー(@ual06)です!

 今日もブログ更新のお時間になりました!

 

明日はついに、RISEWS トーナメント決勝ですね!

明日の大会については別で記事を書いたので、良ければご覧ください!

kairox.hatenablog.com

kairox.hatenablog.com

 

図々しく2つも貼り付けてしまい申し訳ございません(笑)

 

そして今日でブログを始めて5日目になります!拍手!

もういいから本題に行ってくれ・・・という方、もう少しだけお付き合いください。。

 

3日坊主どころか5日も続いてしまい、筆者が一番驚いています。

ブログを書くのって、大変だけど楽しいですね。

 

9/15の夕方に更新した記事の作成時間が5時間、昨日の記事が4時間となっています。

 

ブログを始める前は1日1時間くらいで記事を書いていこうと思っていたので、かなり想定外になっています。しんどいです(笑)

 

そのあたりは記事のボリュームと相談して、頑張っていきたいと思います!

 

それでは本題に行ってみましょう(^^)/

 

【今回のもくじ】

 

原口健飛のプロフィール

まずは簡単なプロフィールから見ていきましょう。

本名:原口健飛

生年月日:1998年4月9日(2019年現在:21歳)

出身地:兵庫県

身長:175㎝

体重:61㎏

バックボーン:空手・ボクシング

ニックネーム:関西の天才児・KARATE超新星

所属ジム:FASCINATE FIGNT TEAM

 

基本的なプロフィールはこんなところです!

 

早速次は戦績について触れていきましょう。

 

原口健飛の戦績は??

原口選手の戦績ですが、どこで検索しても現在までの戦績を全てまとめられているものがなかなか見つからず、調べるのに苦労しました!

前回の篠塚選手の際もそうでしたが、せめて団体の公式サイトに今までの全成績を記載してくれたらいいのに。。。。。としみじみ思います(;´Д`)

 

というわけで苦労して調べた戦績です!どうぞ!

勝敗 対戦相手 試合結果 大会名 開催日
ル・ジュン 1R 1分7秒 KO RISEWS Semi Final Round 2019/7/21
北井智大 判定0-3 RISE132 2019/5/19
ミゲール・マルティネス 1R 0分25秒 KO RISEWS 1st Round 2019/3/10
大雅 判定1-0 RIZIN13 2018/9/30
ちび太 1R 1分30秒 KO ACCEL40 2019/7/28
宮崎就斗 判定3-0 RISE125 2018/6/17
MOMOTARO 判定3-0 RISE125 2018/6/17
ヘンリー・セジャス 3R 2分49秒 KO ACCEL39 2018/5/3
アイオロス純 2R 2分6秒 TKO RISE123 2018/3/24
× 内藤大樹 判定0-3 RISE121 2017/11/23
上杉文博 2R 2分22秒 KO ACCEL37 2017/8/12
大西駿一郎 3R KO ALL BOX WORLD 2017/6/4

 以上となります!

こうやって見てみると、凄い勝率かつ、KO勝利が多いような印象を受けますね!

 

「KARATE超新星」の異名を持ち 空手・ボクシングの経験者ということで、パンチが得意な選手であることは間違いないのですが、最近の試合では三日月蹴りやミドルキックによるKO勝利も見られるようになりました。

 

もともとのパンチの技術に加え、キックの技術も上達しており、ますます今後が楽しみな選手になってきました。

 

 毎回恒例となってきましたが、数字にしてみてみましょう!

  原口 健飛
試合数 12
勝利数 10
KO勝利 7
敗北数 1
引き分け数 1
勝率 83%
KO率 70%

 

12戦10勝7KOと、かなり高い勝率ですね!

勝率83%KO率70%は文句なしの成績です。

 

プロ3戦目でSB日本王者・内藤大樹選手に敗北後、RISEを主戦場に試合を行い、プロ9戦目では自身初のRIZIN出場を果たしました。

 

RIZINでは元K-1王者の大雅選手と引き分けという結果で終わってしまいましたが、一気に知名度を上げましたね!

 

RISE参戦直後は、「とても強いのに評価されていない」という意見もありましたが、最近ではRISEWSに連続出場するなど実績がだんだん評価されてきた印象があります。

 

本日開催のRISEWS FINAL ROUND では同団体のスーパーフェザー級王者、チャンヒョンリーとの対戦が決定しているなど、どんどんベルトに近づいています!

 

この試合については前回の記事で紹介しているので、よろしければこの記事の初めに乗せたリンクから閲覧ください(*´ω`*)

 

この試合に勝利したら、順当にいけば次はベルトをかけた再戦ですね!

 

本日の試合結果については、後日更新していこうと思います!

 

原口健飛の経歴を紹介!

ここからは、原口選手がキックボクシングデビューするまでの経歴についてまとめていきたいと思います!

 

先ほど戦績を紹介している際にも少し触れましたが、原口選手には空手やボクシングの経験があるようです。

 

半端じゃないフィジカルについても少しは納得ですね。

 

詳細はこのようになります。

 

・小学3年~中学3年:聖武会館にて空手を習う。中学3年時には全国大会で優勝。

 

・17歳(高校生時):ボクシングでプロデビュー。東日本新人王戦で準優勝。

 

・19歳:キックボクシングでプロデビュー。2017年6月にデビュー戦を行い3R KO勝利。

 

・21歳現在:RISE、RIZIN等の団体に参戦。12戦10勝の好成績。

 

 

 原口選手がキックボクシングでいきなりの好戦績を残せるのは、空手・ボクシングのバックボーンがあったからなのですね。

 

それにしても空手でもボクシングでも、かなりの経歴をもっているんですね(;´Д`)

 

ボクシングをしていた期間は約1年ととても短いものの、そのまま続けていればボクシングの道でも有名になっていたかもしれません(*_*; 才能恐るべし。。。

 

 

まとめ

今回は比較的簡潔な記事になってしまいましたが、原口健飛選手の戦績や経歴についてまとめてみました!

 

まとめると........

  • RIZINで大雅と対戦経験あり。引き分けに終わっている。
  • 小3~中3まで空手をしており、全国優勝経験がある。
  • 17歳でプロデビューしたボクシングでは、東日本新人王戦で準優勝。
  • 19歳でプロデビューし、戦績は12戦10勝。

以上になります!

 

捕捉になりますが、本日(2019年9月16日)に行われたRISEWSでスーパーフェザー級王者のチャンヒョンリー選手に原口選手がはら勝利し(判定3-0)、戦績は13戦11勝になりました!

 

下記に原口選手の勝利後のツイートを引用しておきます!

(だんだんブログにも慣れてきました(^^)/)

 

 

原口選手、おめでとうございます!!

 

それではまた次の記事でお会いしましょう!

 

アデュー(^_-)-☆